エンジニア備忘録

普段の業務で得た知識や勉強の中で知ったことなどを忘れないように載せていこうかと思います。

JavaScriptの勉強

JavaScriptを勉強していて、新しい考え方やとっつきにくかった部分などの備忘録

オブジェクトリテラル

var obj = {width:100, height:120};
document.write(obj.width);

参考:オブジェクトリテラル

関数もオブジェクト

var sample = new Object();
sample.func1 = function(str){
    alert(str);
}
sample.func1("hello");

匿名の関数オブジェクトを作り、それをsampleオブジェクトのfunc1というプロパティに代入。代入後はこのfunc1というプロパティを関数として使うことができる。

var sample = new Object();
sample.func1 = function(){
    this.i = 0;
    this.innerFunc1 = function(str){
        alert(str);
    }
}
var newObj = new sample.func1();
newObj.innerFunc1("hello");

new演算子で指定したfunc1関数はコンストラクタとして扱われる 。また、newObjに渡されるオブジェクトは、コンストラクタの「this」が参照しているオブジェクトである。

参考:

JavaScriptの関数とメソッド

JavaScriptとオブジェクトの関係

プロトタイム継承

これは調べればいくらでも記事が出てきました。
どのオブジェクトからでも参照できるオブジェクトということで、
Javaで言うObjectクラスみたいなものかなと理解しました。

WEBの勉強スタート

情報処理試験も終わり、若干時間に余裕が出てきたので
本格的にWEB開発の勉強を進めていこうと思う。

WEB開発といっても、フロントエンド、サーバサイド、インフラ周りと

色々ある。

フロントエンド、サーバサイド、インフラの具体例


まずはフロント側からやっていく。

フロント側を作る上で必要な技術としては、

 

また、機能によってはライブラリも必要になってくる。 

HTMLとCSSはいいとして、JavaScriptについての知識が怪しいので、

ひとまずここの理解を深めるところから進めていくことにする。

 

基本文法はいろんなサイトに記載されていたので、その辺りを
見つつ、実際にコードを書いていこうと思う。

JavaScript文法(1) 学習環境の構築と基本的な書き方

JavaScript基礎文法最速マスター